トピックス

南砺市:桜ケ池ハイウェイオアシス再開発事業-6月定例市議会産業建設常任委員会

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

6月定例市議会

産業建設常任委員会-桜ケ池ハイウェイオアシス再開発事業 城端伝統工芸会館の指定管理

 6月定例市議会の産業建設常任委員会は、17日開かれました。審議に先立ち「桜ケ池ハイウェイオアシス再開発事業」の現地視察も行われました。審議ではこの再開発事業と城端伝統芸能会館の指定管理について多くの議論が交わされました。

産建視察-企業誘致に適切な場所か?

 桜ケ池ハイウェイオアシス再開発事業として、商工費で(仮称)クリエータープラザ整備事業基本計画作成、再開発事業造成測量設計、土木費として市道桜ケ池クアガーデン線道路改良実施設計の予算をみています。

 この事業は、コンテンツ系のクリエーターを集積する施設を整備し、コンテンツ系の企業やものづくり企業等を誘致するものです。

 市はスマートインターチェンジ(SI)を求めており、道路拡幅により影響がないのかとの質疑に、SIの配置の図面も示し、影響はないとのことでした。

 また、市内企業が整備を計画しているが、従業員の通勤・利便性の懸念や、クアガーデンなどの施設からの景観が心配されており、関係者と十分に話し合い、理解を得るよう要望が出されました。

「じょうはな座」を指定管理に

 来年の4月から、指定管理者制度の新規導入予定施設として、井波総合文化センター・福野文化創造センター・城端伝統芸能会館、児童館(城端・福野・福光・井波)、園芸植物園・井口カイニョと椿の森公園を予定しており、今議会に3つの文化施設を指定管理とする議案が出されました。

 産業建設常任委員会に付託されたのは、城端伝統芸能会館です。当局はサービスは落とさず、利用料金の減免制度なども維持するとしています。しかし、文化施設は採算性だけで評価すべきではなく、住民の理解を得るためにも、指定管理のメリット・デメリットを市民に示し、十分な説明が必要であるとの意見が出されました。

中学生通院医療費について-完全無料化と現物給付求め反対討論

 6月定例市議会最終日24日の討論において、中島満議員は「南砺市こども医療費助成に関する条例の一部改正」について反対討論を・・・(→続きを読む「なかしま満」のHPへ)

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.