トピックス

高岡市:いじめ・不登校の未然防止《金平市議》重要な初期対応。スクールカウンセラーの増員を! ほか

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

いじめ・不登校の未然防止《金平市議》中学校でのいじめ・不登校増加の背景は?重要な初期対応。スクールカウンセラーの増員を!《教育長》人的配置の増員を要請したい。

 9月定例市議会が10日に開会し、議員協議会で氷見教育長から昨年度の「教育委員会の事務の点検及び評価結果」が報告され、平成25年度で「いじめ認知件数は、前年度と比べて、小学校では3件減少し、中学校では26件増加した。不登校では、小学校では6名減少し、中学校では16名増加した」と述べました。

「中学校でいじめが増加した背景は?」との金平市議の質疑に対して氷見教育長は「早期発見のため、子どもの人間関係をしっかり把握することに努力した結果」と回答しました。

 金平市議は、いじめの未然防止のためには「初期対応や学校全体で機敏に対応すること」の重要性を強調し、「子どもたちの自主性を育て、いじめを止める人間関係をつくることが大切だ」と述べました。さらに、いじめ防止に重要な役割を果たしているスクールカウンセラーの増員を提案しました。

 氷見教育長は「県に強く要請してきた。相談能力のある人をたくさん配置することが重要であり、引き続き人的配置の増員を求めたい。」と前向き姿勢を示しました。さらに、金平市議は学校図書館司書の専任配置への格段の努力を求めました。

年金引き下げストップ!最低保障年金制度の創設を!《年金者組合が国への意見書提出を求める請願書を提出》

 全日本年金者組合富山県本部と同高岡支部は9月10日、「年金・高齢期のくらしと地域経済を守る意見書提出を求める請願」を青木市議会議長に提出しました。「年金2.5%の削減をはじめ、デフレ下のマクロ経済スライドの導入、消費税8%へのアップ、さらに医療費や物価の値上がりで、高齢者のくらしはますます厳しくなっています」と指摘し、次の二項目について高岡市議会として国に意見書を提出するよう求めています。

① これ以上の年金引き下げはやめて下さい。マクロ経済スライドは廃止を。
②最低保障年金制度をつくってください。当面、基礎年金の国庫負担分3.3万円をすべての無年金、低年金者に支給を。

※この請願は9月22日午前10時からの議会運営委員会で審査され、9月25日午後の本会議で採決されます。

これはひどい!山町筋でカラスのふん公害。市の各課が連携して迅速な解決を!《金平市議が市当局に要請》

 山町筋の一角で、カラスのふん公害が住民を悩ませています。「臭いし、美観を損なう。何とかして!」との声が高まっています。このほど金平市議は市の各課が連携して迅速な解決を図るよう市に要請しました。

 

「日本共産党高岡市議会ニュース」第637号 2014年9月18日

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.