トピックス

高岡市:介護保険料の値上げストップへ 5億6千万円の基金活用を ほか

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

決算特別委員会特集

介護保険料の滞納増加-介護保険料の値上げストップへ5億6千万円の基金のフル活用を!

 11月10日開催の決算特別委員会で金平市議は、介護保険料を払えない滞納者が増えていることを指摘しながら「これは生活苦の反映だ。介護給付費準備基金5億6千万円をフル活用して、介護保険料の引き上げをやめるぺきだ」と提案。

 市当局は、介護給付費準備基金の「必要な取り崩しを検討したい」と答えましたが、「値上げ断念を」との金平市議の質問には明言を避けました。

 また、「平成25年度では、介護保険の要介護認定者は9,517人。介護サービスの受給者は7,665人で80.5%だ。2割の人は認定されたのになぜ介護サービスを受けていないのか? 市として原因の分析をやっているのか」との質問に当局は「調査したい」と答弁しました。

認知症疾患医療センター-認知症対策の強化へ早期設置の更なる努力を!

 認知症疾患医療センターは「認知症専門医療の提供と介護サービス事業者との連携を担う中核機関」ですが、県内では高岡医療圏だけが設置されていません。認知症対策の前進のために、早期設置が期待されています。    、

 決算委員会で金平市議はあらためて早期設置への取り組みの強化を求めました。福祉保健部長は「早くやりたい」と答え、前向き姿勢を示しました。

納骨堂設置への切実な声が!-《金平市議》市民のニーズが高まっている。早期設置への努力を!(市当局)富山市の例も参考として設置に向けた検討をしたい。

「富山市のような納骨堂を高岡市でも設置してほしい」との声が高まっています。決算委員会で金平市議は「納骨堂を設置してほしいという市民二-ズは一層高まっている。早期設置に向けた格段の努力を」と質問しました。

 市当局は「市民ニーズをふまえ、引き続き検討したい」「利用ニーズは高まっている。富山市の状況も参考として設置にむけた検討をしたい」と答弁しました。

御車山展示館・大型駐車

 決算委員会で金平市議は、山町筋から金屋町に至る大型駐車場の設置の取り組み状況を質問。当局は「地権者と交渉中であり、力を入れ、努力したい」と決意を語りました。

 また、御車山展示館の管理運営形態の検討状況を質しました。当局は「直営も視野に入れて検討している」と答えました。

 

「日本共産党高岡市議会ニュース」第645号 2014年11月13日

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.