トピックス

【衆院選】日本共産党8→21議席へ大躍進 北陸信越ブロック11年ぶりの議席獲得

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

県内小選挙区共産党候補 高橋、平崎、坂本の3氏得票数、率とも大幅増

 総選挙は12月14日投開票され、日本共産党は比例代表選挙で606万票(11・37%)を得て、20議席を獲得しました。さらに、沖縄1区で赤嶺政賢氏が勝利し、日本共産党は、改選前の8議席から21議席に大躍進しました。比例代表の北陸信越ブロックでは、31万5千票を獲得し、藤野やすふみ氏が当選。11年ぶりの党議席を獲得しました。

 富山県党の比例票は、2万9,410票(得票率7・19%)で、前回選挙時を得票数で1万1,999票(1・69倍)、得票率で3・68ポイント増やしました。全自治体で得票数、得票率とも前回を上回り、入善町では得票率で10%を超えました。

 他党では、自民党は得票率で7・36ポイント伸ばしましたが、得票数は4,115票減らしました。民主党は、得票数で3万5,403票、得票率で8・68ポイント激減。日本共産党は、第7党から第5党に前進し、民主党との得票差を1万2,668に縮めた上、初めて社民党の得票を上回りました。

 選挙区でも3候補とも得票数、率を伸ばし大健闘。3区の坂本ひろし氏は3万2,118票(得票率18・77%)を得て、法定得票を上回りました。

 藤野氏は16日夕、富山市の党県委員会事務所で開かれた勝利報告集会であいさつしました。

富山での勝利集会であいさつする藤野やすふみ新衆院議員

富山での勝利集会であいさつする藤野やすふみ新衆院議員

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.