トピックス

国民連合政府実現へ全力で奮闘する決意 たけだ参院比例予定候補 富山入りし訴え

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

大運動の全県決起集会であいさつする、たけだ 参院比例予定候補=19日、富山市・党県委員会

大運動の全県決起集会であいさつする、たけだ
参院比例予定候補=19日、富山市・党県委員会

 日本共産党の、たけだ良介参院比例予定候補は19日、富山県入りし、高橋わたる同選挙区予定候補とともに「戦争法案と日本共産党を語るつどい」や「大運動」の決起集会で訴えました。

 たけだ氏は、富山市の党県委員会で同日夜開かれた「『大運動』交流・目標達成全県決起集会」で、自公などによる戦争法の強行成立は、圧倒的多数の国民の反対の声を聞かず、立憲主義に反する暴挙だと厳しく批判。参院比例候補として、同日の第4回中央委員会総会が提起した戦争法廃止の国民連合政府実現の一端を担って奮闘する決意を表明しました。

 高橋氏は、県内4市2町で戦争法案反対のデモが行われたことを紹介。戦争法廃止の国民連合政府実現、参院選勝利に全力を上げる決意をのべました。

 富山市、魚津市、高岡市の3カ所で開かれた「つどい」には、合計で70人余が参加しました。

 参加者からは、「共産党は昔から反戦でがんばってきたのはわかっているが、選挙で共産党支持を呼びかけるにはちゅうちょがある」との意見が出されました。

 たけだ氏は、シールズのメンバーは、何も言わなければ安倍政権に何でもやられてしまうとして、勇気を持って戦争法阻止に立ち上がったことを紹介。「この間の共産党の躍進で、有権者の党を見る目が格段に変わってきている。政権に就くことを含めて『共産党しかない』という思いが広がってきているのではないか」と話して、参加者を激励しました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.