トピックス

市民による市民のための 政治実現しよう

カテゴリー: お知らせ, 県内団体の催し

「市民連合」と道用えつ子さん 政策協定

政策協定 参院選で安保法制(戦争法)廃止を訴える野党統一候補を支援する「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(略称・市民連合)は2日、富山市で、参院富山選挙区無所属予定候補の道用えつ子さん(共産、民進、社民、生活の各党が推薦予定)と政策
協定を結び、道用氏の推薦を決めました。
 「市民連合」からは、立憲デモクラシーの会共同代表の山口二郎法政大学教授とSEALDs(シールズ)関西の塩田潤氏が出席し、道用氏と協定書を交わしました。
 調印後、山口氏は、「協定書の調印は、熊本選挙区に続いて2つ目。今後、野党の統一候補全員を推薦していきたい。協定書を結ぶことで参院選応援のエネルギーが広がることを願うし、(「市民連合」として)いろいろな形で支援していきたい」と語りました。塩田氏は、「調印式は、市民による市民のための政治をすすめる第一歩。市民が勝つためにはどうすればいいかを、徹底的に考えて参院選に臨みたい」と話しました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.