トピックス

中学校3年生までの医療費完全無料化へ

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

市議補選後議会が変わり 市民の長年の要望かなう

 富山市は2 月23日、2017年度予算案を発表し、10月から子どもの医療費を中学3年生まで完全無料化することを明らかにしました。助成費の総額は11億3659万円。
 富山市の子ども医療費助成制度は、日本共産党が市民団体とともに長年要望した結果、通院、入院ともに中学3年生まで対象となっています。しかし、所得制限や小学生以上は窓口で一旦医療費を支払う償還払いとなる上、通院費は月千円まで一部自己負担とされ、県内14市町村のなかでも遅れていました。
 政務活動費の相次ぐ不正取得に伴い昨年11月6日に実施された富山市議補選で、日本共産党は2氏が当選。37年ぶりに正式会派の4人の市議団が誕生しました。党市議団は議会で繰り返し取り上げ、昨年12月森雅志市長に対しての2017年度予算要望のなかでも完全無料化を要望。また、共産党、自民党、公明党など富山市議26日、会の議長、副議長を除く全9会派は1月12日、森市長に「富山市こども医療費助成制度の拡充」を求める要望書を共同で提出していました。完全無料化は、こうした取り組みのなかで実現したものです。
 赤星ゆかり党市議団長は、「市民の大きな願いが実現できてうれしい。不正議員が大量にやめて議会が変わり、全会派が共同で申し入れ、市長もその重みを受け止めている。党市議団としてこれからもがんばっていきたい」と話しています。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.