トピックス

衆院解散宣伝 安倍政権打倒に力尽くす

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

28日昼の衆院解散を受けて、富山県の日本共産党は、坂本ひろし衆院3区候補を先頭に、党役員、地方議員、支部長、党員が県内各地で市民との共同、日本共産党の躍進で安倍政権を倒そうと訴えました。

 坂本候補は冷たい雨が降るなか、高岡市と射水市内の4カ所で宣伝。高岡市のショッピングセンター前では、金平直巳高岡市議とともに訴えました。坂本氏は、臨時国会冒頭での解散は、安倍政権の森友、加計学園の疑惑隠し解散だと厳しく批判。北朝鮮の暴挙を糾弾するとともに、解決には対話が必要だと強調しました。希望の党については、安保法制と改憲に賛成する人の集まりで自民党の補完勢力だと指摘。憲法を破壊し、9条を変えようとする暴走を続ける安倍政権を倒すためには、市民との共同とともに日本共産党が不可欠だとして、北陸信越比例の2議席獲得と小選挙区での勝利に全力を尽くすと訴えました。総選挙と同日投票の高岡市議選での党の2議席獲得も訴えました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.