トピックス

射水市議選無投票当選 2議席で政治変える

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

 富山県射水市議選(定数22)が12日告示され、定数と同数の立候補で無投票となりました。日本共産党は、津本ふみお氏(61)=現=、根木たけよし氏(76)=新=の2氏が当選し、初の2議席となりました。
 選挙に向けて両氏は、100億円ある市の基金を活用して保育料引き下げ・無料化の拡大、市独自の国保税減免制度創設、介護保険料・利用料負担の軽減と要支援サービスの後退ストップなどを訴えました。
 当選が決まり、選挙事務所であいさつした根木氏は、「これからは、津本さんといっしょにみなさんのために一生懸命がんばりたい」と決意を表明。津本氏は、「市民、国民の方向を向いていない市政と国政を変えるために、共産党が2議席になったことは大切です」と述べ、今後の奮闘を誓いました。
 両氏の出発式には、藤野やすふみ衆院議員が駆け付けてあいさつしました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.