トピックス

9月11日、市田副委員長が氷見水産センターへ

カテゴリー: 日本共産党の活動, お知らせ

市田忠義副委員長・参議院議員が、氷見市へ。

10月28日投票で予定されている氷見市議選(定数17)に、共産党が16年ぶりの議席獲得をめざして挑戦するのが穴倉陽子さん。

穴倉さんは、立命館大学2部の卒業生です。働きながら苦労して学び、人々の命、平和をまもってきた日本共産党と出会い、共感して入党。卒業後、教師の道をあゆみ、「教え子を再び戦場に送らない」とをモットーに頑張って来ました。定年退職「孫とのスローライフを」と考えていた時、安保法制の強行など安倍政権の強権政治に憤りを感じ、この政治を変えなければとの思いを強めてきました。氷見市では、市民の暮らしや命をまもる日本共産党の議席がなかったこともあり、この度議席復活への戦いに挑戦することを決意されました。

市田さんも立命館大学2部を卒業した穴倉さんの大先輩。「議席獲得」のために初めて氷見に駆けつけ演説を行います。

日本共産党氷見支部は、この2ヶ月市内各地にポスターをはりめぐらし、宣伝カーでのお知らせ、ビラを1万戸に配布するなど呼びかけを続けています。

日本共産党・市田忠義演説会
9月11日(火) 午後7時から 氷見水産センター(比美町435)
弁士 市田忠義党副委員長・参議院議員、穴倉陽子氷見市委員会女性部長、党参院富山・青山了介

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2018 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.