トピックス

射水から安倍政権に審判を
    津本ふみお事務所開き

カテゴリー: 日本共産党の活動, 党・議員(団)ニュース

ガンバロウで必勝への決意を固めあう参加者ら=2月10日、射水市

 日本共産党は10日、4月県議選に向けて、射水市内で津本ふみお事務所開きを行いました。
 地元・太閤山自治振興会副会長や、「太閤山励ます会」の代表ら10人が激励あいさつ。青山りょうすけ参院選挙区予定候補もあいさつしました。
 激励にかけつけたオールとやま県民連合の土井由三共同代表は、県内での市民と野党の共闘を前にすすめるうえでも、県議選・射水市区での野党の前進が重要だと強調。
 日本共産党を代表してあいさつした上田俊彦県委員長は、県議選での議席増をめざす共産党に注目が集まっていると紹介。県民の期待に応えるためにも、津本氏を必ず議会に押し上げて、日本共産党の複数議席を実現させてほしいと訴えました。
 決意表明した津本氏は、「今回の県議選は、安倍政治に厳しい審判を下すと同時に、安倍政権言いなりで県民の暮らし・福祉に冷たい県政を変える選挙。この県政を変えるためにも必ず押し上げてほしい」と訴えました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2019 Japanese Communist Party, TOYAMA