トピックス

今後も声上げ続けたい 3月も富山でフラワーデモ

カテゴリー: 県内団体の催し

 「国際女性デー」の8日、富山ではツイッターで呼びかけられ、富山市の駅前広場でフラワーデモが行われました。10人の女性が参加。バラやカスミソウなどそれぞれが思い思いの花束を手にして「性暴力に対する正しい理解、正しい教育、正しい法的措置を」「性暴力は許さない。今年性犯罪を裁く刑法の見直しを求めます」などと書いたプラカードを掲げて通行人にアピールしました。

 2人の女性がデモを見て「フラワーデモすごいね」と話し、数人で通りかかった富山市の女子中学生は「♯MeToo運動、富山でもやってる。頑張ってください」と話していました。

 初めてデモに参加した富山市の30代女性は「私も性暴力被害に遭い苦しんできた。たくさんの人が被害に遭い、裁判でもきちっと裁かれていないのでいつかアクションを起こしたいと思っていたが、自分の経験を捉え直すのに時間がかかった。絶対許すことができないが、一歩踏み出さなければと思って参加した。子どもの世代にこんな性暴力を残したくない」と自身の体験を語りました。

 8日のデモを呼びかけた富山市の岸順子さんは「国際女性デーにあたり、新型コロナウイルスに注意しながら性暴力を許さないと自主的に集まった。初参加者も増えている。今後も富山で声をあげ続けていきたい」と話していました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA