「野党は連合政権」の新しい時代へ 富山から政治変える流れを
              日本共産党富山県委員会委員長 上田俊彦

 昨年は、4月の県議選で40年ぶりに日本共産党の議席を2議席にすることができました。いま県議会では日本共産党の存在感がぐーんと高まっています。7月の参院選では全国的に市民と野党の共闘の力で、改憲勢力を3分の2以下に追い込む成果をあげ、富山でも、野党統一候補が立憲4野党の比例票の131%を獲得するなど「共闘効果」を発揮し善戦しました。市民と野党の共闘の発展こそ、政治を変える確かな道です。

 1月に日本共産党第28回党大会が開催されます。決議案では、党創立100周年でもある2022年までに野党連合政権を実現することを呼び掛けています。「野党は共闘」から「野党は連合政権」への新しい時代が始まります。

 いま、「桜を見る会」疑惑などで野党が結束し、モラル破壊の安倍内閣を追い詰め、内閣支持率を急落させています。この富山でも、1年間で自民党員を激減させるなど自民党離れが進んでいます。私たちは早期解散・総選挙にそなえ、すでに富山1区、3区に党公認候補を発表しました。今後、候補者一本化と本気の野党共闘へ、協議を加速させていきたいと考えています。北陸信越比例ブロックでの藤野やすふみ衆院議員の再選、県内の3つの小選挙区での野党統一候補の勝利に全力をあげます。そして秋には県知事選もたたかわれます。県民の暮らしを守るとともに富山から国政を変える選挙です。日本共産党の真価を発揮する年にしていく決意です。

 

2020年を歴史的な年に ごいっしょに力合わせ
                        衆院議員 藤野保史

 新年あけましておめでとうございます。

 市民と野党の共闘の信頼が深まり、野党連合政権に向けて野党が共同の歩みをすすめる中で2020年を迎えました。今年こそ、安倍政権に代わる新しい政治を実現する決意です。

 憲法にもとづき、立憲主義、民主主義、平和主義を回復する。格差をただし、暮らし・家計応援第一の政治に切り替える。多様性を大事にし、個人の尊厳を尊重する政治を築く。こうした新しい政治が痛切に求められています。市民と野党の共闘をさらに強くするためにも、日本共産党が質量ともに大きくならなければならなりません。そのために全力を尽くす決意です。

 1月から通常国会が始まりますが、「桜を見る会」問題、消費税、原発、戦争する国づくり、憲法改悪など、私たちは徹底的に追及していく構えです。安倍政権は追い詰められており、いつ総選挙になってもおかしくありません。総選挙になれば、私自身が候補者です。今度の総選挙は「国民が主人公」の新しい政治の実現に直結する選挙であり、本当にワクワクしています。2020年を歴史的な一年とするためにご一緒にがんばろうではありませんか。

 今年もよろしくお願いします!

 

12 月議会日程
※「一」は一般質問、「個」は個別(個人)質問、「予」は予算特別委員会

 

【12・21消費税減税・廃止を考える懇談会】

日本共産党は10月1日、提言「消費税減税・廃止を求める新たなたたかいをよびかけます」を発表しました。

12月21日(日)13時半〜 富山市婦中ふれあい館 大研修室 にて
●衆議院議員・藤野やすふみ氏からの報告・提案を受けたのち、参加者の皆さんから自由に意見・発言を出してもらいます。消費税を減税・廃止する展望、運動のあり方、野党共闘など、大いに語り合いましょう。

●参加費は無料です。

ダイジェスト「隠れ共産党宣言」から「入党宣言」へ(21分)

日本共産党創立97周年記念講演会
(21分から志位委員長の講演が始まります)


富山県委員会のLINE@はこちらから。


ぜひお友達に追加してください。上のボタンやQRコードを使って友達追加できます。
よろしくお願いします。

トピックス新着情報

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA