高瀬あつこ

くらしをまもる県政へ!takaza-201609

私は高岡市で子どもの医療費助成を拡充したいと、お母さんたちと話し合い、署名運動に取り組み、6,000人の署名を集め、市に申し入れしました。それがきっかけとなり、2014年10月より通院・入院とも中学3年生まで無料化が実現しました。

他にも、高岡市の水道料が富山市の2倍も高いと知って署名運動に取り組み、県や市と交渉して値下げを実現したり、学校の耐震化問題に取り組むなど、いつも市民の皆さんと手を取り合い、くらしと向き合って来ました。

県民のいのちとくらしを守るため、まっすぐに粘り強くがんばります。

 

【プロフィール】

趣味 ウォーキング、茶道、美術鑑賞
住まい 中川本町在住
家族 漆器加飾業の夫と長男の3人暮らし

 

【略歴】

1962年 福野町生まれ
井波高校、橘女子大(現・京都橘大学)卒業
福野町農協、CO・OPとやま勤務を経て、現在、党高岡市県政対策委員長

 

takase-201609pdf

▲クリックするとPDFで紙面が見られます

 

 

富山民報2016年9月号外 富山県議会の改革を私にぜひ託してください

 

bnr_youtube(JCP富山チャンネル)

 

→「高岡市の活動」のページへ


高瀬あつこの政策や最新の動画はこちらのホームページでも紹介しています

takaza-201609-capcha

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.