トピックス

富山市:学校給食の正規調理員4割も減らして「現場がまわらないから民間委託」とは?!

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

 富山市が学校給食の正規調理員さんの採用をここ3年間やめていることによって、「『臨時職員が増えて現場がまわらない』から、民間委託する」というのは、どう考えても本末転倒、間違った方向だと思います!!!

 そこで、どれぐらい職員が減らされてきたのか・・・ビックリです!!!
 7市町村合併した2005年の4月1日現在、231人だった正規職員の調理員は、8年後の今年2013年の4月1日現在、139人、なんと、4割も減っている!!!

 「現場がまわらない」ほど職員を減らすことが、なぜ「定員適正化」計画なのか。
 市は「お金がない」といい、人件費を減らしたいからです。

 中心部の大型再開発や、きらびやかな演出には最優先でお金を使っていますが、子どもたちの給食を作る正規職員を採用できないなんて。
 「行政改革」だーと言っては、職員を減らす。それのどこが「改革」じゃ!? 結果としてしわ寄せは、市民に来るのです。

「富山市議会議員 赤星ゆかり のブログ 2013/09/21(Sat) 14:58 」より引用(クリックすると開きます)

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA