トピックス

高岡市:住宅密集地の消防体制・火災予防体制の抜本的強化を/地区公民館改築・修繕促進を

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

住宅密集地での消防体制・火災予防体制の抜本的強化を!

高岡市議会議員協議会(昨年12月3日)で金平市議が横田消防長に質問
 住宅密集地での火災について、住民の不安が高まっています。昨年12月3日の市議会議員協議会で金平市議は「過日の魚津市や高岡市中田地区での火災の発生で、住宅密集地の火災について住民の不安が高まっている。住宅密集地での火災予防・初期消火などの取り組みの状況は?」と質問しました。これに対する横田消防長の答弁要旨をお知らせします。

※『住宅密集地では屋根裏を伝って火災が拡大し、大きな火災になる傾向がある。消防体制については、消防力が火勢に劣らないことが消防戦術上の大原則であり、火災の態様に応じて二次出動、三次出動、消防車両を追加出動させている。さらには、隣接市からの応援体制もとっている。また、本市の通信指令システムは、消防車の進入が困難な道路をコンピューターが識別したうえで、火災発生場所に最も早く到着できるコースを誘導する仕組みも備えている。
 火災予防体制については、高齢者が多く居住する地域や住宅火災が多い地域、住宅密集地において防火・防災マイタウン事業を実施し、地域の防火意識の高揚や防災力の強化を図っている。住宅密集地には単身高齢者世帯が多いことが推察され、本市の通信指令システムは、単身高齢者世帯が表示されるようになっており、この情報を人命救助に活用している』

地区公民館の改築・修繕 老朽化の進む地区公民館の改修・修繕の促進を!今後のスケジュールは?

 12月市議会の総括質問で、金平市議は「老朽化の進む地区公民館の改築・修繕の今後のスケジュールは?」と質問。氷見教育長は「現在取り組んでいる5つの公民館の耐震工事の他に、耐震基準を満たしている公民館についても、耐震化工事と並行して、屋上防水、壁面塗装工事等の老朽化対策を計画的に行い、維持補修に努めている。今後とも市立公民館の維持補修については、緊急度、優先度を勘案しながら適切に取り組んでいきたい」と答弁しました。

市政報告会のご案内

2月15日(土)午後3時~ 高岡文化ホール3階第4会議室にて 報告:金平直巳高岡市議
・高岡市の新年度予算案の全容は?特徴は?暮らし・福祉などへの予算配分は?
・市民の安心安全確保への対応は?消費税増税の影響は?
・高岡駅周辺整備など大型事業の推進で市の借金は増大の一途。市の財政は大丈夫?
・国保税や固定資産税が高すぎる。税負担軽減への市の対応は?
※市政や市議会へのご要望・ご意見をお寄せ下さい

「日本共産党高岡市議会ニュース」第604号 2014年1月30日

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.