トピックス

9条の会増やし「戦争する国」阻止の力に-第7回「9条の会」活動交流会

カテゴリー: 県内団体の催し

「9条の会」富山県連絡会は3月15日、富山市で第7回「9条の会」活動交流会を開きました。14団体から約30人が参加しました。

 長谷川了一代表幹事が2013年の活動報告と基調提案を行いました。

 活動報告で長谷川氏は、昨年6月から今月までテーマごとに7回開いた「憲法を学ぼう」連続講座にのべ269人が参加し、集団的自衛権や教育破壊問題など今後も講座を続けてほしいとの声が寄せられていることなどを紹介。基調提案では、「戦争する国」づくりを許さない活動を広げるため、全市町村に9条の会を結成するなど新たな9条の会の結成に向けて共同で活動することや、県連絡会が主催・共催する活動に積極的にとりくむことなどを呼びかけました。

 9つの9条の会などが活動報告しました。このうち、「憲法をまもる小矢部市の会」は、「自民党の憲法草案を読む」「秘密保護法の全体像をしっかりつかむ」など昨年から毎月憲法懇談会を開き、ニュースを発行している経験を紹介しました。「藤ノ木9条の会」(富山市)は、年4回校区ごとの憲法学習会を開催。参加呼びかけと憲法署名を結合して全戸を訪問し、1,752世帯から2,102人分の署名を集めている経験を話しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA