トピックス

心の自由を守りたい-憲法施行67周年記念講演会

カテゴリー: 県内団体の催し

「日本国憲法を守る富山の会は5月2日夜、富山市で憲法施行67周年記念講演会を開きました。130人が参加しました。

 早稲田大学教授の西原博史氏が「『心の自由』は守りたい-強制される『愛国心』、憲法『改正』、『監視国家』-」と題して講演しました。

 西原氏は、安倍政権が日本を戦争する国に変えるため、国民に愛国心を植え付けて戦争に動員できる諸施策が必要だとして、教育委員会改革や道徳の教科化、教科書採択を行政で決定する、などをすすめようとしていると批判。秘密保護法や大量の監視カメラは、国民に愛国心を強制する手段に使われるとのべました。憲法を守り戦争する国にさせないために、憲法が権力をしばるということを国民のなかで話し合う運動の強化が必要だと訴えました。

 参加者からは、「憲法を国民が学んで社会に浸透させていけば、必ず展望が開けると思う」などの感想が出されていました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA