トピックス

高岡市:消費税増税が市民生活を直撃!減免制度の充実強化・制度のPR強化を! ほか

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

市税の減免制度-《金平市議》消費税増税が市民生活を直撃!減免制度の充実強化を!制度のPR強化を!《市当局》減免制度のPR強化に努めたい

 12月市議会の総務文教常任委員会で金平市議は「4月の消費税増税で、市民の担税力は弱くなっている。高岡市では納付できない納税者のために税の減免制度を設けているが、制度のPRも含め、減免制度を強化すべきでは」と提案しました。

 市当局は「市税の減免制度については、市税のしおりや市のホームページでPRに努めており、災害発生時には、被災者宅の訪問調査時に減免制度をお知らせするといった工夫も行っている。また、減免申請があった場合には、納税者の担税力を十分に調査のうえ、減免の可否を決定している。今後とも、減免制度のPRに努めたい」と答えました。

社会保障・税番号制度-イギリスでは制度が破たんし廃止。アメリカや韓国では情報漏えいや、なりすましが横行!

 12月市議会の総務文教常任委員会で金平市議は「社会保障・税番号制度は、イギリスでは、すでに制度が破綻して廃止されており、アメリカや韓国では、情報の漏えいや、なりすましが横行し、見直しが検討されている。国が、国際的に破綻が見える制度を導入することに対する見解は」と質問。

 市当局は「社会保障・税番号制度については、各国で様々な運用がなされている。国では本人確認の義務付けや利用範囲の限定などの厳しい規定を設け、海外の制度よりも厳格な運用がなされるものと聞いている」と答弁しました。

市立公民館の改築への教育委員会の考え方は?

 12月市議会の総括質問で金平市議は市立公民館の老朽化対策に関連して、今後の改築への考え方を質しました。氷見教育長は「当面は、老朽化対策に重点を置き、適切かつ計画的な修繕等により施設の延命化を図っていくことを基本として取り組んでいきたい」と答弁しました。

除雪路線の更なる延伸を!交差点の除排雪の機敏な対応を

 12月市議会の総括質問で金平市議は除雪路線の更なる延伸と交差点の機敏な除排雪を求めました。藤井建設部長は「除雪路線の延伸については、新設市道、既存市道の拡幅改良や住宅の設置、撤去などにより除雪区間を見直ししている。今後とも、市民生活などに支障が出ないよう除雪区間の見直しを行っていきたい」と答弁しました。

 さらに金平市議は、国・県と連携した交差点の機敏な除排雪を求めました。

 

「日本共産党高岡市議会ニュース」第650号 2015年1月8日

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.