トピックス

党新川地区と岡田市議が 魚津市長に申し入れ

カテゴリー: 日本共産党の活動, 党・議員(団)ニュース

 不安が広がっている新型コロナウイルス感染症をめぐって13日、日本共産党新川地区委員会と岡田たつろう魚津市議が村椿晃市長に対して要望書を提出しました。

 平崎功新川地区委員長と岡田市議が市役所を訪ね、村椿晃市長らに1つひとつの要望内容を説明し、市民の不安が高まっているなかで市として可能な最大限の対策を求めました。

 要望項目は▷市民への正確な情報提供に努め、市独自の相談窓口の充実・強化▷医療機関との連携を強め、患者受け入れ体制の確立のための病床確保と人員配置、マスク、防護服などの資機材確保▷PCR検査体制の拡充▷小・中学校の再開▷学校給食の再開▷学校給食中止に伴う食材の納入業者への補償▷雇用調整助成金の対象拡大と増額。個人事業者やフリーランスへの充分な支援▷医療機関はじめ必要なマスクの確保―などを求めました。

 市長は「市が備蓄していたマスクを提供して安全安心に努めている。感染者が出た場合のPCR検査の対応が心配だ」と答えました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA