トピックス

困っている学生支えて 富大生が支援の署名呼びかけ

カテゴリー: その他, お知らせ

 新型コロナウイルス感染症によって、県内でも休校や営業自粛などが広がる中で、学業や生活で不安と困難を抱える学生への支援を求める署名活動が富山大学の学生によって呼びかけられています。全国各地の大学でも100校以上で、学生への経済支援や学費軽減などを求める学生の取り組みが広がっています。

 インターネット上の署名サイト「change.oge」を通じて1 日から呼びかけられている署名は、富山大学が行っている授業料免除を受けている学生への支援制度を、全学生に広げるよう大学に求めるもの。富山大学理学部1年生の学生Hさん(19)をはじめ、5人の学生が呼びかけて取り組んでいます。

 Hさんは今年富山大学に入学。新型コロナの影響で入学式も中止となり、授業開始も4月下旬にずれ込んでいます。インターネットを利用した授業も始まっていますが、これにともなってインターネット機材などの購入も必要に。生活のためにアルバイトをしたくても、多くの事業所では面接などもまだ受けられるようにはなっていません。遠隔授業が続き、サークル活動なども自粛を呼び掛けられる中で、友達も作れないなど、人間関係でも不安を抱えます。

 メンバーの4年生Kさんは、年金で生活する両親の仕送りとバイトで稼ぐ約5万円で生活を賄ってきました。Kさんは、「困っていても、どうしたらいいかわからない学生もいることを大学に知ってほしい」と、署名に取り組んだ動機を語りました。

 同署名は、25日までに100名からの署名を集めることを目標に挑戦。地元メディアなどに取り上げられたこともあり、19日には100名を突破し、引き続き署名推進を目指しています。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA