トピックス

砺波市:年金引き下げやめさせよう!-砺波市でも不服審査請求運動

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

年金引き下げやめさせよう!-砺波市でも不服審査請求運動

 全日本年金者組合富山県本部は1月14日、富山県庁内で記者会見し、年金引き下げに抗議する行政不服審査請求書を1月31日に富山年金事務所に提出することを発表しました。会見には米谷寬治委員長、大塚修治書記長らが参加しました。

 政府は物価下落を口実に、昨年10月1%引き下げ、今年4月に1%、来年4月に0.5%を引き下げ、計2.5%引き下げることを決めています。

 全日本年金者組合は10万人規模を目標に行政不服審査請求にとりくみ、22日までに8万4千人にのぼっています。富山県でも、全国の運動に呼応して展開。950人の目標に対して868人が請求人となっています(13日時点)。砺波市でも、全日本年金者組合砺波支部(支部長 石崎和男)が、100人を目標にとりくまれています。

 米谷氏は「国保、介護保険、医療費の負担に加えて、4月から消費税が引き上げられ、これ以上年金が引き下げられたら生活できないという高齢者が多数いる。31日の提出まで行政不服審査請求書をさらに集め、政府に強く抗議したい」と話しました。

 行政不服審査請求は法律にもとづく国民の権利です。年金関係の具体的な手続きは「社会保険審査官及び社会保険審査法」でさだめられています。

 年金者組合が作成した請求用紙に、住所・氏名・年金番号などを記入するだけ(年金額改定通知書のコピーは添付する)がありません)の簡単な手続きでだれでも不服審査の請求ができます。

「となみ赤旗読者のひろば」第1226号 2014年1月26日(→こちらをクリックするとpdfでご覧になれます)

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 Japanese Communist Party, TOYAMA All Right Reserved.