トピックス

射水市:水道料金の値下げを!-昨年度約1億6,000万円の大幅黒字

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

昨年度約1億6,000万円の大幅黒字…値下げは可能

 昨年2012年度は約1億6千万円の大幅黒字。これは、水道の料金収入約20億円の8%にもあたる額です。この間、水道事業は常に1億円をこす黒字を出し続けてきています。いうまでもなく、水道事業は儲けを目的にした事業ではありません。水道料の値下げは可能です。

料金値下げを拒む根拠となってきた市の「水道ビジョン」

20140216imizu_1

 2008年策定の市の「水道ビジョン」は5年後に赤字になるとしましたが、この予測は3年目の見直しで大幅な修正をせざるを得ませんでした。そして、見直した予測も5年後に赤字に転落していくとしました。

 しかし、2年目にして実績と大きなかい離を生じています。

 「水道ビジョン」は今後の収支を正しく予測しているとはいえません。

「できるところから市民負担の軽減をすすめる」といったあたりまえの姿勢が市に求められます

 昨年12月市議会で値下げを求めました。
【津本】上水道も下水道も大幅な黒字となっている。料金の値下げが可能であると考えるがどうか。
【当局】経営内容の評価、分析などから値下げは困難と考えている。(答弁は水道ビジョンに沿ったもの)

「津本ふみおレポート」No138 2014年2月16日

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA