トピックス

高岡市:子どもの医療費助成-通院費も中学校3年生まで無料化・10月から実施へ!

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

子どもの医療費助成-通院費も中学校3年生まで無料化・10月から実施へ!

 日本共産党が昨年12月に市長に提出していた「平成26年度高岡市予算編成に対する要望書」に対してこのほど回答があり、子どもの医療費助成について「平成26年10月から通院の対象年齢を中学校3年生までに拡大し、通院・入院とも中学校3年生まで助成する」との回答がありました。

 昨年の12月定例市議会の総括質問での「新年度から通院費も中学校3年生まで無料化の実施を」との金平市議の質問に高橋市長は「①子どもたちへの適切な医療、必要な医療が提供される機会の確保という観点 ②これまで本市が取り組んできた助成拡大に伴う効果や受診動向の変化等の検証 ③持続可能な制度運営をするための検討を通じ、今後の在り方について検討したい」と答弁していました。

学校耐震化 校舎3校(石堤小、戸出西部小、高陵中)体育館1校(博労小)で耐震補強設計

「小中学校の校舎・体育館の耐震化の促進を」との要望に対して「石堤小、戸出西部小、高陵中の3校の校舎と博労小の体育館の耐震補強設計を行うとの回答がありました。日本共産党は、耐震工事の前倒し実施の促進を今後も要請します。

洪水対策の強化 住吉ポンプ場の機能強化を!

 洪水対策の強化策としての「住吉ポンプ場の機能強化事業の促進を」との要望に対して「緊急浸水対策行動計画に従って、可能な限り事業期間の短縮を図り、平成27年度末の完成をめざして事業の推進に取り組んでいる」との回答がありました。

デマンド(乗り合い)タクシー・デマンドバスの実施を!

 日本共産党が繰り返し提案してきたデマンドタクシー・バスの実施について「現在策定中の『高岡市総合交通戦略』において、交通不便・空白地域の改善を図るため、デマンドバス・タクシーの導入を位置づけることにしており、交通事業者と連携し、運行方法などについて検討を行うなど、導入に向けた取り組みを進めたい」との回答がありました。

「原発ゼロの会・高岡」の後援会『原発ゼロをめざして』-ふくしまからのレポート

◇講 師:あぺ裕美子さん(日本共産党福島県議会議員)
◇と き:3月22日()午後1時半~3時
◇ところ:高岡市ふれあい福祉センター1階ホール
◇講演会協力費:500円(高校生以下無料)
◇主 催:「原発ゼロをめざす市民の会・高岡」(連絡先:あわら町7-48 高岡民主商工会気付 電話21-1523)

 

「日本共産党高岡市議会ニュース」第607号 2014年2月20日

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA