トピックス

生活や将来の就職への不安が数多く-受験生に宣伝・対話

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

 富山市の富山大学周辺で12日、日本共産党と民青同盟が後期入学試験の受験生に向けた街頭宣伝にとりくみました。

 朝は試験に向かう受験生に民青同盟を紹介するビラを配布。受験が終わった受験生には、高橋渡党県書記長、青山了介民青同盟県委員長らが、受験生の関心を聞くシールアンケートにとりくみました。

 対話では、「学生生活になれば1人暮らしになるので、消費税が増税されると生活が心配」「就職がどうなるかが一番心配。国公立大学さえ卒業できれば、何とか就職できると思っている」など、生活や将来の就職への不安が数多く出されました。

 なかには、「福島原発事故を見て、放射能除去の勉強をしたいと思っている」「大学に入ったら震災ボランティアもやってみたい」などの声もありました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA