トピックス

高岡市:佐野地区の消防力強化【金平市議】佐野分団器具置き場を佐野地区へ移転を【消防長】建設候補地の選定作業に取り組みたい

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

4月2日「市政報告・懇談会」のご案内

 3月定例市議会が3月20日に閉会しました。3月議会で金平市議は4月1日からの消費税増税のもとで、市民の暮らし・営業をいかに守っていくのか、急速に進む高齢化のもとで、高齢者の安心・安全をどう確保していくのか、さらには災害対策(水害・原発など)、市が4,000万円で御旅屋通りアーケードを購入する問題などについて質問と提案を行いました。
 3月市議会での論戦の状況をご報告します。ぜひ、市政・市議会へのご意見・ご要望をお聞かせ下さい。下記の通り、市政報告・懇談会を開催致しますのでご参加頂きますようお願いいたします。
口日時:4月2日(水)午後7時~
口会場:佐野公民館2階図書室
口報告:金平直巳市議

佐野地区の消防力強化【金平市議】佐野分団器具置き場を佐野地区へ移転を【消防長】建設候補地の選定作業に取り組みたい

 3月議会の本会議で金平市議は「佐野分団の器具置き場を地元・佐野地区に早急に移転を」と提案。

 横田消防長は「佐野分団器具置き場については、地域に密着した円滑な消防団活動を図るために、現在の清水町地内から地元の佐野分団管内に移転改築することが望ましいと考えている。また、分団置き場の設置場所については、分団管内に勤務・居住している分団員が容易に参集できること、消防車の出動に支障がないこと、地元住民の理解や協力が得られることなどの諸条件を勘案しながら、建設候補地の選定作業に取り組んでいきたい」と答弁しました。

子どもの医療費助成 通院費も中学校3年生まで無料化。10月から実施へ!

 日本共産党が昨年12月に市長に提出していた「平成26年度高岡市予算編成に対する要望書」に対してこのほど回答があり、子どもの医療費助成について「平成26年10月から通院の対象年齢を中学校3年生までに拡大し、通院・入院とも中学校3年生まで助成する」との回答がありました。

 昨年の12月定例市議会の総括質問での「新年度から通院費も中学校3年生まで無料化の
実施を」との金平市議の質問に高橋市長は「①子どもたちへの適切な医療、必要な医療が提供される機会の確保という観点 ②これまで本市が取り組んできた助成拡大に伴う効果や受診動向の変化等の検証 ③持続可能な制度運営をするための検討を通じ、今後の在り方について検討したい」と答弁していました。

 

「金平レポート」No.247 2014年3月21日

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA