トピックス

志賀原発の危険性と断層問題学ぶ-日本共産党富山県委員会

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

 日本共産党富山県委員会は5月14日、富山市内で「志賀原発(北陸電力・石川県志賀町)の危険性と断層問題」と題する講演会を開きました。日本科学者会議原子力問題研究委員会の児玉一八氏が講師を務めました。

 児玉氏は、志賀原発について、原子炉そのものの危険性、耐震安全性と活断層問題、能登半島の地理的特異性の3点にわたって報告。志賀原発は、臨界事故を含む重大事故を何度も起こしてきたこと、シビアアクシデントが起こった場合の対応能力が乏しいことを話しました。断層問題では、原発問題住民運動石川県連絡センターなどが実施してきた現地調査の結果などを踏まえ、富来川南岸断層は最近までの活動性が明らかであると話しました。石川県が実施した防災訓練について、実効性のあるものになっていないと、問題点を指摘しました。

 ひづめ弘子県議が、富山県の防災訓練の問題点などについて話しました。

 参加者からは、「改めて、志賀原発がいかに危険かよくわかった。廃炉しかない」「実際の調査に基づいて報告され、説得力があった。北電の対応は許せない」などの感想が出されました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA