トピックス

高岡市:介護保険給付費準備基金5億6千万円を活用し介護保険料軽減を!

カテゴリー: 党・議員(団)ニュース

介護保険料の負担軽減-介護保険給付費準備基金5億6千万円を活用して介護保険料の軽減を!

 6月市議会の民生病院常任委員会で金平市議は「介護保険給付費準備基金の現在高?」と質問しました。当局は「平成25年度末現在で、5億6030万9千円である」と答弁。

 さらに「可能な限り介護保険料の軽減を図るため、介護保険給付費準備基金の活用を図るべきでは」との金平市議の提案に対し当局は「現在、第6期介護保険事業計画の中で、介護保険料も含めて検討していくことになるが、介護保険制度が大きく改正されたことから、負担増とならないよう介護保険給付費準備基金の活用も含めて検討したい」と答弁しました。

旧町名復活「条例化と支援制度への見解は?」(金平市議)

 同委員会で金平市議は「金沢市は条例を制定し、旧町名復活に対する支援制度を実施しているが、高岡市の条例化と支援制度への見解は」と質問。当局は「条例化と助成制度については、現在検討中であるが、。復活後の支援については、先進市である金沢市を参考に検討したい」と答弁しました。

市民病院での総合診療外来はいつから実施?

 同委員会で金平市議は「6月市議会本会議で、総合診療外来の設置の検討を行うとの答弁があったが、どのような内容か、いつから実施するのか」と質問。当局は「総合診療外来は複雑多岐にわたる疾病に対して、総合的視点から患者に応じた診療を行うことを目的として今年度中の設置に向けて協議検討している」と答弁しました。

南条・二塚小学校の体育館の駐車場で車上荒らし被害-金平市議が市教育委員会に再発防止を要請。教育委員会がセンサー付防犯灯の設置方針を提示

 7月1日の晩、南条・二塚小学校の体育館の駐車場で、車上荒らしによる被害が発生しました。了月2日、金平市議は監視体制の強化とパトロールの強化とともに、他の小中学校での対策の強化を氷見教育長に要請しました。

 氷見教育長は、南条・二塚小学校の体育館の壁面にセンサー付防犯灯を設置する方針を示しました。(2日に手配済み)金平市議の調査では6小学校に13台、7中学校に24台のセンサー付 防犯灯が設置されています(7月4日現在)。金平市議は全小中学校にセンサー付防犯灯を設置するよう求めました。

 

「日本共産党高岡市議会ニュース」第627号 2014年7月10日

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA