トピックス

舟橋村議選 田村氏、猛奮闘するも及ばず 衆院比例の2.4倍に得票伸ばすも 共産党の議席は空白に

カテゴリー: 日本共産党の活動

 4月16日告示、21日投開票でたたかわれた舟橋村議選(定数7、立候補8)で、日本共産党の田村かおる氏=現=は、110票(得票率6.70%)を獲得したものの議席には及ばず、次点となりました。
 舟橋村議選は、これまで3回連続で無競争。選挙戦になるのは12年ぶりとなりました。
 立候補者は、田村氏を除いて、ほとんどが自民党系。
 田村氏は、「議会改革をさらに前にすすめるためにも、田村の当選が必要」と訴え、議会の土日開催や常任委員会のインターネット中継、議会全体での議会報告会開催などを提案。村外の病院やスーパーに行けるデマンドタクシー、学校給食無料化、高校生世代までの医療費無料化などの要求実現をかかげ、期待や共感を広げました。
 危機感を抱いた自民党は、「自民王国の威信をかけて共産党に議席は渡せない」と語るなど、共産党落としを強めました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2019 Japanese Communist Party, TOYAMA