トピックス

もっと庶民のこと考えて なくす会が署名宣伝

カテゴリー: 県内団体の催し

 消費税廃止富山県連絡会と消費税をなくす富山の会は24日、富山市の繁華街で消費税の5%への減税を求める宣伝署名を行いました。

 6 人が参加し、「消費税10%撤回、5%に戻せ」の横断幕やのぼり旗を立てて、「消費税5%に引き下げよう」のビラを配布。「消費税増税でくらしや営業は大変です。引き下げの署名にご協力ください」「スーパーの売り上げが落ち、倒産が増えています」などと署名を呼びかけました。この日の行動で集まった署名は15筆。

 署名した24才の男性は「なぜ消費税をあげるのか。もっと庶民のことを考えてほしい。がんばってください」と話しました。70代の富山市の男性は政治に対する積もり積もった不満を吐き出し、「桜を見る会でも国民は納得していない。森友、加計問題で安倍の責任をはっきりさせるべきだった。全く無責任だ」と怒っていました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA