トピックス

コロナ収束へ検査拡充など対応を 火事場泥棒の検察庁法「改正」許すな より良い社会ともにつくろう 党候補者らがいっせい宣伝

カテゴリー: 日本共産党の活動

 日本共産党南砺市委員会は15日、コロナ危機から生命と暮らしを守る宣伝を市内4カ所で行いました。

 坂本ひろし衆院3区予定候補や中島満前南砺市議ら6人が参加。「ありがとう 医療従事者をみんなで支えよう」などと書いたプラスターやのぼり旗を立てて、坂本、中島の両氏が訴えました。

 坂本氏は「緊急事態宣言は一部解除されたが肝心のPCR検査は減少している」として、▷検査を抜本的に増やす ▷医療提供体制を強化し、財政補償もしっかりやる ▷暮らしや営業への補償―を訴えました。そして今年秋の南砺市議選や衆院選で勝利し、人間を大切にする社会をつくろうと呼びかけました。

 中島氏は、先日コロナ感染防止で市に申し入れたことなどを紹介し、生命と暮らし、感染防止に力を合わせようと呼びかけ。コロナ終息に全力をあげるべき時に、内閣の判断で検察幹部の定年延長をはかる検察庁法改定や沖縄辺野古基地建設などを持ち出し、国民を分断していると安倍内閣を厳しく批判しました。

 店の中で聞いたり、車の中から手を振って激励する人もいました。

 同日には他にも、県内各地で地方議員や候補者らが街頭宣伝。

 衆院富山1区予定候補の青山りょうすけ党県常任委員も富山市で街頭に立ち、「新型コロナのもとで、日本の政治のゆがみが見えてきた。コロナ収束後、これまでと同じ社会に戻るのではなく、より良い社会を作るために力を尽くしたい」と訴えました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA