トピックス

核禁条約発効へ声を 高岡原水連が署名宣伝

カテゴリー: 県内団体の催し

 原水爆禁止高岡市連絡協議会は、広島に原爆が投下された毎月6日、「あいの風富山鉄道・高岡駅」の自由通路で宣伝署名行動を続けています。今年で4年目。6日も同場所で11人が参加してスタンデイングと署名行動を行ないました。

 「被爆者は核兵器廃絶を心から求めます」と白地に赤文字で書いた横断幕や「核兵器禁止条約発効へ、さぁ声を!」などのプラカードを掲げ、通行者に核兵器廃絶国際署名への協力を呼びかけました。

 「核兵器を禁止し廃絶する署名です」「国連にもっていく署名です。ぜひ名前を書いてください」というよびかけに、「去年修学旅行で広島に行きました」「中学、高校の授業でも原爆のことを学びました」と言って高校生が署名。「坪井直(ヒバクシャ国際署名のよびかけ被爆者代表の一人)は私の親戚です。核兵器は許せない。頑張ってください」と言って署名と募金を寄せる若者もいるなど、、高校生や若者が次々と署名しました。この日は約30分の行動で、31筆の署名が集まりました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Japanese Communist Party, TOYAMA