トピックス

県内の史跡で思い馳せる第13回スタディハイク

カテゴリー: 県内団体の催し

 富山県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(富山AALA)、日本中国友好協会富山支部、日本民主青年同盟富山県委員会の3団体は8月22日、第13回スタディハイクにとりくみました。県内の戦跡や住民運動にかかわる史跡をめぐるフィールドワーク。

 参加者らは、富山AALAの松浦晴芳事務局長の案内で、富山市(大沢野)下大久保に残る兵士をかたどった慰霊碑や、高岡市手洗野の信光寺に建立されたシベリア抑留の犠牲者を悼む「ソ連強制抑留犠牲者慰霊碑」など8か所を見学。太平洋戦争の加害や被害の実相、戦後のシベリア抑留の経緯などを学び、身近な史跡から当時の社会の様子に思いを馳せました。

 参加者は感想で、「今後は可能な限り若い人の参加をすすめたい」「授業で教わる程度だった知識が、実際の史跡を見ることができたことは良かった」などと話しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2022 Japanese Communist Party, TOYAMA