トピックス

命最優先の政治を 労働者いっせい宣伝

カテゴリー: 日本共産党の活動

 日本共産党富山県労働者後援会は8月27日、党北陸信越ブロック労働者いっせい宣伝に呼応して、富山市の富山駅前で宣伝行動に取り組みました。

 朝から強い陽射しが照り付けるなか5人が参加。コロナ感染爆発のなかでいのち最優先の政治をつくろうと通勤・通学者に訴えました。

 参加者は日本共産党の3つの緊急提案を紹介した「赤旗」8月号外を配布。折田誠党県労働部長がコロナ感染爆発のもとで①大規模な臨時の医療施設の設置②PCR大規模検査の実施を③パラリンピックは中止に―の3つの緊急提案を紹介し、政府の対応を求めました。

 訴えを聞いて、「ビラがほしい」と受け取りに来る男性もいました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2022 Japanese Communist Party, TOYAMA